スコール リノア。 リノア・ハーティリー

【朗報】FF8のリノア=アルティミシア説、無事公式化する

リノア スコール

💓 しかしある日、魔女アデルの後継者候補の少女を集めていたエスタ兵によって誘拐されて、エスタに連れて行かれてしまう。

15

エンディングの意味

リノア スコール

☝ しかし、スコールとベタベタしてるところばかりが強調され、 リノアの抱える事情がさほど深刻に描かれなかったのが災いしてそのあたりの心境も印象に残りづらくなってしまっている。 プレイヤーへのご褒美としては極上で、ファンから非常に高い人気を誇る。 (ーとのバトルはスコールが保健室で起きる前の出来事であるとともに、EDとリンクしていてスコールが敵=記憶の混濁と戦っていることを示している、抱き着く寸止めのシーンは顔パーンとリンクしていてその後がEDのリノアがスコールのところにたどり着いたシーンである、とも解釈できますし、の音がリンク地点だと考えるなら絶望して気絶した後もそれでも実は心の中では抗い続けていて、リノアが駆けつけて周囲が花畑に変わっていくあたりでスコールも彼女の力を味方につけ=に白い羽を纏ってー=敵=記憶の混濁に勝利して闇=黒い羽を切り払ってリノアと再会した、とも考えることもできます。

[FF8考察]15年越しに再プレイしてストーリーの真相を考察・魔女の力はループしている[ファイナルファンタジーⅧ]

リノア スコール

☯ 青魔法「ショックウェーブパルサー」• 数々の名 迷 言もボイスチャットにて実際に声付きで再現されることになった。 はパーティードレス姿だが、ミラーパネルの上に立っても視えない。 幾星霜の時を経ても、リノアはスコールを見て思い出す… 2人が次元の狭間で約束の場所、時代を思い出して戻ることができた! まさしくリノアとスコールの果てしない愛を描いたのではないかな?と思います 約束していなかったそれまでは、スコールに倒された後にスコールと再会できずリノアは悪の魔女となり、 ハインの意思により時間圧縮を目論見、スコールに倒され、イデアに継承し、リノアに継承され、スコールに倒された後に再会できず悪の魔女へ… と繰り返していたが 約束できた本編でやっとループから脱出して 2人が再会できたのだと! その時間軸ではイデアは解放されていてアデルもいない、過去のイデアに継承したリノアも魔女ではない 魔女の呪縛から解放された文句無しのハッピーエンドと言えるでしょう。

12

ファイナルファンタジーVIII

リノア スコール

☕ カメラはバラムガーデンでの祝勝パーティーを撮影しており、 初めはセルフィが撮影していたが途中でアーヴァインに代わる。 まず、この物語がどのような結末を迎えるのか考えるにあたって公式が言った「この物語はハッピーエンド」を意識します。

19

★ETERNAL FANTASYへようこそ★ FF8『スコール×リノア』小説メインサイトです

リノア スコール

✆ 名前は「スロット」だが『FFVII』のようなは用意されておらず、ボタンを押すごとにメニュー画面に魔法の名前と回数が出るだけである。 15歳でSeeDとなり、17歳で教員資格を得る程の秀才だが、それ故に挫折には不慣れで苦悩することも多い。 リノアはスコールみたいな人間を、スコールはリノアみたいな人間を心の奥では求めていた。

20

【朗報】FF8のリノア=アルティミシア説、無事公式化する

リノア スコール

🤩 ちなみに散々ネタにしたリノアは5番目に好きです。 ラグナ「オレはを取り戻せればそれで良かったんだけど、やっぱり、それだけじゃすまなかった。

FF8のエンディングあれってハッピーエンドなんですか?未来のリノ...

リノア スコール

⚡ また、リノアは依然から(トラビアガーデンのあたりのイベントでわかりますが)軍事訓練を受けて来た他のキャラとの距離に悩んでいる節がありました。 アルティミシア自身が当初の時間圧縮の 本当の目的を、時の流れとGFの記憶障害のせいで、忘れてしまっているからではないかと私は思っています。 OPもEDもあくまで花畑です。

【朗報】FF8のリノア=アルティミシア説、無事公式化する

リノア スコール

😔 俺が…。 無茶な行動や天然ボケ発言を繰り返すラグナに対するツッコミ役的存在。 ただしスコールたちには協力的であり、特に嫌味もなければ悪人でもない。